お.か.わ.り.くださぁーい! 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜病棟

ある場所に立派な桜の木があります。若い木とは違って枝が黒々としていて、桜色とのコントラストが見事です。毎日この下を通っては、つぼみはついたかな?もう咲くかな?虫がつく頃かな?と見上げています。多分わたしが今まで見た中で一番好きな桜の木です。でもどことなく日陰者っぽく、ここでお花見をする人はいません。なぜならその木は敷地の端に建つ古い病棟の真正面にあるからです。

もうすぐ満開
人目を避けて下から撮影


そこは昔、結核病棟だったそうです。今は病棟としては使われておらず、清掃業者の休憩室か何かになっているようです。桜が花をつけるこの季節以外は存在感もなくとっても寂れて薄暗い場所です。でも私はいつもこの木が気になってしょうがなくて、ついつい話しかけてしまうのでした。(今朝も思わず「おぉ、きれいねぇ!」と話しかけた)

去年の出来事です。いつものようにこの桜の前を通りかかった時、一人のご婦人がこの木の下で病棟を見つめて立っていました。病院の関係者ではなさそうだったので「珍しいな」と思って通り過ぎようとしました。するとそのご婦人が「…ここ、まだ使われているんでしょうか?」と私に声をかけてきました。

「桜病棟」


見た感じ60代前半くらいで上品な感じの女性でした。お話を聞けば、何年も前にこの病棟にご主人が長い間入院されていて、看病に通っていたけれどもその甲斐もなく最期はここで息を引き取ったのだそうです。「窓からいつもこの桜を見ていました。近くを通りかかったのでつい懐かしくて…」気付くとご婦人は目にいっぱい涙をためていらっしゃいました。私はなんと声を掛けていいかわからず「私もこの桜大好きなんです。いつも見てしまうんです」と言うだけで精一杯でした。ご婦人は「なんだかごめんなさいね、ありがとう」と言ってその場を立ち去って行かれました。

それ以来ここを通る度に、建物の中からの眺めを想像しては、闘病中の人たちに春を知らせる役目をしていたのだなぁとしみじみ思うのです。今も人知れず春を伝えている桜に「ありがとう」と声をかけたくなるのです。

(この話はフィクションじゃないとよ)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そちらは桜が満開なのですね。
こちらはあともう少しです。
闘病中の方には気持ちが和む桜だったのでしょうね。
私も桜には思い入れがあるので桜を見ると嬉しい反面少し悲しい気持ちにもなります。
でも満開の桜、見たいなあ(^^)。

holly_tree ママちん | URL | 2010-03-27 (Sat) 00:47 [編集 ]


目頭が熱く・・・

私の伯父も、今は福岡がんセンターになってるところが結核療養所だったところに戦後ずーっと入院していたので、母に連れられて大橋から歩いてお見舞いに行ってたんですよ。
バスに酔う私の為に、大橋まで電車で行き、辺り一面のあぜ道を歩いてね。
今では想像も出来ないけど、あのあたりは一面のレンゲ畑だったのよ。

モチ、こどもの私と弟は病棟には入れず、病室のベットに寝たきりの伯父が手を振るのを見るだけでしたけど・・・
そういえば、あの病棟にも桜の木がありましたねぇ・・・

進駐軍(古いなぁ・・・)のストレプトマイシンのおかげで片肺はなくしたけど、結核は治って、母の兄弟姉妹の中で最後まで残った伯父。

kotafukuさんの桜の話で、懐かしいことを思い出し胸がいっぱいに!
ありがとう!

今夜はきっとお花見で賑わうでしょうけど、寒いなぁ・・・(笑)

もりママ | URL | 2010-03-27 (Sat) 14:45 [編集 ]


>ママちん様
ほぼ満開ですよー。場所によっては菜の花の黄色といいコントラストです。桜の思い出も人それぞれなんだなと思います。満開になったら花吹雪のお楽しみが待っています。葉桜も嫌いではない私です。

>もりママ様
レンゲ畑、最近どこに行っちゃったのかなぁ。シロツメクサもあまり見かけなくなってしまいました。あの大橋が一面畑だったなんて。もりママさんがまだ少女でお母様に手をひかれてレンゲ畑を歩いている様子を想像してみました。きっとあの辺ももっとのんびりとした感じだったのでしょうね。週末は少し寒かったですね。お花見しますか?

kotafuku | URL | 2010-03-29 (Mon) 09:44 [編集 ]


そのご婦人はkotafukuさんと桜を通じて、最愛のご主人のお話ができて心が和まれたのでしょうね。

英語圏で暮らしていた頃、印象的だったフレーズ、"You made my day."を思いだしました。「おかげさまでよい日になりました」というようなニュアンスでしょうか。

それがぴったりとくるお話ですね。読んでいて優しい気持ちになりました。

かなママ | URL | 2010-03-30 (Tue) 07:53 [編集 ]


>かなママ様
英語圏でお暮らしになっていた?そうなんですかー。(ちなみにどちら??)You made my day. なんて言い方があるんですね。私のはそんなに大袈裟なものではなかったと思いますが。桜を見ていると不思議と優しい気持ちになりますね。

kotafuku | URL | 2010-03-31 (Wed) 10:18 [編集 ]


ニュージーランドのオークランドという街に暮らしていました(たしか福岡市と姉妹都市です)(^^)。

ほんとうにちょっとした何気ないことでも、このフレーズはよく使われていて、言われると「そんな大げさな~」とテレながらも、なんだか嬉しくなったものです。

かなママ | URL | 2010-04-01 (Thu) 17:21 [編集 ]


>かなママ様
姉妹都市!だったのかぁ・・・(知らなかった)海外に住んだことがないのでそういう話を聞くと新鮮です。ポジティブで優しい言葉をどんどん掛け合える国ってステキですね。

kotafuku | URL | 2010-04-02 (Fri) 10:03 [編集 ]


ノンフィクションなのがうそみたいな
話ですね。

読んで、じーーんときました。

まりえ | URL | 2010-04-02 (Fri) 21:45 [編集 ]


>まりえちゃん
意外とノンフィクションなのよ~
今日見たら、ほとんど散ってしまいました。また来年~

kotafuku | URL | 2010-04-05 (Mon) 09:28 [編集 ]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。