お.か.わ.り.くださぁーい! 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故のその後

こうたろうが耳を怪我して以来、毎日(土日も)欠かさず通った外科通いが先週ようやく終わりました。21日連続通院は最長記録です。ようやく一区切りついた気分なので、今だから書けること・記録として残しておきたいことをまとめます。少なくとも、こうたろうの記憶の中に「犬に噛まれて毎日通院したっけ」とこの出来事が刻まれるはず・・・(忘れがちだけど、このブログはタイムマシーンなのです)

あの日、怪我をして慌てて大学病院へ駆け込みましたが、今後の治療はお近くの病院でということになり歩いて数分のところにある外科で診てもらうことになりました。デイケアも併設した小さな医院です。翌日、早速紹介状を持って受診しました。院長先生はこうたろうの耳を診るなり一言「こりゃぁまるで・・・食いちぎられとる」と顔を歪ませました。大学病院の若いドクターはもっとソフトな言い方だったので、正直言ってこの"身も蓋もない"一言はショックでした。元通りになりますか?と聞きたかったけど、怖くて聞けませんでした。さらに大学病院での処置は誤っているからやり直しますと言われ、これから毎日通うように言われました。

それから外科通いがはじまりました。最初の頃はガーゼを剥がすだけでも痛がって泣いていたこうたろうでしたが、体育会系の院長先生に「これくらいで泣かん!男の子やろ」と喝を入れられてからは、じっと耐えるようになりました。患部の付け替えが終わると看護師さんがプラボトルを持ってきて「がんばったね。はいどうぞ。」とキャンディをひとつ選ばせてくれました。この診察後のご褒美キャンディがこうたろうの勇気の素になりました。

2010070201.jpg


毎日毎日、保育園が終わると病院に行きました。夕方は空いていて待ち時間はほとんどありませんでした。待合室にはピエロの仕掛け時計があり、時々ジャズが流れていました。ウォーターサーバーの水を紙コップでこうたろうと半分づつ飲むのが日課になりました。ガハハと豪快に笑う院長先生ですが、毎日のつけかえはとても丁寧で、テープでかぶれそうになると「耳、痒いか?」と貼る場所をちょっとづつ変えるなど気遣ってくれました。こうたろうは「明日はイチゴ味にしようかな~」などと言って通院を楽しみにするようになっていきました。

髪の毛や爪と同じで皮膚も1日に約0.3ミリ成長するそうで、見るに堪えなかったこうたろうの耳もだんだんと修復されていきました。それでも濡らしてはいけないということで、洗髪はずっとわたしと父の2人がかりで1日おきくらいにしていました。身長が1メートルを超えた今、一人が仰向けに抱えてもう一人が洗うというスタイルでしか、耳を濡らさずにシャンプーすることはできなくなっていました。もっと小さい頃は一人で楽々とこうたろうを抱えてシャンプーできていたのにと、改めてこうたろうの成長を実感したりもしました。

2010070202.jpg
※医院名はもちろん仮名


ある日病院に行くと、デイケアのお年寄りが作った大きな折り紙の製作が飾ってありました。ちぎり絵の虹に折り紙でつくった紫陽花、そしてカエルが数匹。よく見るとその中の一匹は他のカエルより大きく、チョビヒゲが生えていました。下には小さく「院長ガエル」と書いてありました。それがとても院長先生に似ていたので、私とこうたろうは「そっくりやね!」と大笑いしてしまいました。あれは本当に傑作で・・・毎回こうたろうは指さしては「クックック・・・!」と口をふさぎつつ爆笑していました。あの院長ガエル、写真に撮っておけばよかったなぁと今残念でなりません。

21日目でようやく「はい、これで終わり!」とこうたろうの治療は終了しました。まだ赤みを帯びた患部からもう体液がにじみでることはなくなりました。けれどもよく見ると少しだけ盛り上がっている部分があり形がいびつです。それだけの怪我だったのだし、これくらいは仕方ないと思うしかなさそうです。院長ガエルは言っていました「もういい加減、病院に通う方も治療する方も飽きたね、ゲロゲーロ!」全くその通り!まるで数年分の外科通いをした気分です。「ゲロゲーロ!」は嘘(笑)

20210070101.jpg


最後に・・・毎日もらっていたご褒美のキャンディ、実はこうたろうはほとんど食べておりません!本当は飴はあまり食べないの。ガハハー!!


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

気になっていました!
よかった、本当に良かったです!!
それに素敵な外科の先生!
大変な通院も、この病院なら、
と思えるような病院ですね。
快気祝いは盛大に!!

tea | URL | 2010-07-02 (Fri) 18:26 [編集 ]


通院生活、お疲れさま。

こうたろうくんのけなげに頑張る姿にジーンときちゃった…。
カエル院長も個性的でいいわー
あとは若い細胞の修復パワーにおまかせしましょ。
なにより笑顔が戻ってよかったよかった(^^)v

ともりえ | URL | 2010-07-02 (Fri) 19:45 [編集 ]


病院通いお疲れ様でした。
こうたろう君もお疲れ様。
大変でしたが無事治って本当に良かったです。
子供のケガや病気は本人はもちろんのこと見ている方も本当に辛いですよね。
豪快な(素敵な)先生にめぐり合えて良かったです(^^)。
飴、食べなくて羨ましいです。
うちは虫歯持ちなので家では食べさせませんが、たまにもらった時は食べたがるので食べさせています。

holly_tree ママちん | URL | 2010-07-04 (Sun) 21:18 [編集 ]


>tea様
お久しぶりです。ご心配かけました。院長ガエル、最初は怖かったけど結果的にはこうたろうも鍛えられてよかったかもしれません。でももうあまりお世話になりたくないな(汗)残ったのはたくさんのキャンディ。どうしようかな。「また他のちびっ子にどうぞ」とお返ししようかと一時期本気で思ってしまいました。

>ともりえ様
ありがとう。やっぱり若いので治るスピードが速かったような気がするよ~。先週事故後はじめてあの道を通りました。父に肩車されてだけど、やっぱり緊張していました。ウランに気付いたあの犬も顔だしてきて「いきなりだったのでびっくりして噛んじゃった。ごめんなさい・・・」って謝っていました。(てか覚えてないよな!)

>ママちん様
ありがとうございます。私だったらよかったのにって本気で思うものなんですね、親って。でも男の子だしこれからどんなヒヤッとする場面に出くわすか。今から恐ろしいです。しかしキャンディ、一体誰が食べるんだろう。。。(私も飴はあまり食べない)

kotafuku | URL | 2010-07-05 (Mon) 10:12 [編集 ]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。