お.か.わ.り.くださぁーい! 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱烈歓迎、恐縮です

デートの前の腹ごしらえ。早良区にある四川料理のお店にやってきました。「ここが噂の!」と私は大喜び。「熱烈歓迎」と書かれた看板の奥にそのお店はありました。

中国大明火鍋城 既に漂ういい匂い
中はお客さんで満席。わたしたちも食券を買って順番を待ちます。担々麺を食べているお客さんはHOTHOT!とハンカチでパタパタ仰いでいます。やっぱり辛いのねー。
メニュー父は名物の担々麺を、わたしは「あなたには無理。(きっぱり)と止められたので辛くなさそうなジャージャー麺と杏仁豆腐を頼みました。 ←迫力満点の(?)メニュー

担々麺 色が辛さを物語る担々麺

ジャージャー? 肉みその粒加減がいかにも本物ジャージャー麺
突然、「しまった、ハンカチ忘れた!」と父。ここの担々麺の容赦ない辛さが急激に体温を上昇させるからです。さっきのお客さん同様、食べ始めた直後から父の額にはキラキラ光る無数の汗。父は「恐縮です恐縮です」と言いながら汗を拭きつつ食べていました。わたしもスープを一口貰いましたが「これを完食したら間違いなくトイレで死ぬ!」と思うくらい辛かったです。素直に父の忠告に従っていてよかった。でもそれ以上にとっても美味しかったんですけどね。辛いのが平気な人が本当に羨ましいと思いました。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

デートいいですね~♪
美味しそうです(^^)。
でも私は辛いものがあまり食べられないので絶対無理です。
でも一口食べてみたい~!

holly_tree ママちん | URL | 2009-03-06 (Fri) 17:26 [編集 ]


>ママちん様
えぇ、一口で充分だと思います。
わたしは激辛カップ麺(といってもピリ辛)
でお腹を壊してしまいました。

kotafuku | URL | 2009-03-11 (Wed) 11:44 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。